肉食系にみられますが、ベッドの上ではエムなんです

肉食系にみられますが、ベッドの上ではエムなんです

沖縄県のうるま市で、とある会社を経営する幸子と言います。私は夫がいますが、数年前から別居中です。そのため、ほとんどひとり身のようなものなので、仕事以外の時間は自由きままに遊んでいます。仕事上、いろいろとストレスも多いので、それをセックスによって解消しているのです。会う相手はサイトで見つけていますが、相手には自分が人妻であると伝えてます。最初は隠していたのですが、私は39歳なので独身と伝えるよりも人妻と伝えたほうが受けが良いのです。あくまでもストレス解消が目的なので、特定の相手と頻繁に会ったりするようなことはなく、不定期に気分が乗ったときにサイトにアクセスして、そのとき応じてくれた相手と会っている感じです。

また、前に会った人たちと連絡をとって会うこともありますが、これはサイトで相手が見つからないときだけです。基本的には毎回新鮮な気分で会ってこそ楽しく過ごせるので、毎回新しい相手を求めているんです。ただ、会うからにはセックスだけして終わりというのも寂しいので、食事をしたり飲みに行ったりして、デートも楽しみつつ、最終的にホテルに入るという流れを楽しんでいます。デートを嫌がってすぐにホテルに行きたいという人もいますが、やはり私としては雰囲気も含めて楽しみたいのです。無論、そういうときにかかるお金はすべて私の奢りです。飲食費はもちろん、ホテル代も私が出しています。だから、お金を払っているのはこちらということもあり、嫌だと言われても私は強気に出て、最低限そこには付き合ってもらうようにしています。

しかし、主導権を握りたいということはなく、ホテルに入ったあとは男性にリードしてもらって私は彼らに甘えています。甘い言葉をささやかれながら、夜景を眺めながらキスをして、そのままエッチをするようなパターンです。自分はどちらかと言えば肉食系の女なのでしょうが、ベッドの上でまでリードしたいかと言えば、そうでもないのです。そこではあくまでも甘える側にいたいんです。男性からすれば、そのギャップが面白いみたいです。先ほどまでは気の強い感じのことも言っていたのにホテルに入った途端に、女から女の子になる私が面白いそうです。言葉遣いも甘ったれたものになりますので、彼らは形勢が逆転したとばかりに、急に男になります。かなり強引な感じで責めてきたり、荒々しく服を脱がせたり、キスも勢い任せということもあります。そういうことが私は嫌いじゃないので、なんでも受け入れてしまいます。

仕事では強気ですが、やはり基本的には女でいたいので、ベッドの上ではエムのほうなんです。彼らもすぐにそれに気づくようで、キスしたあとぐらいから、男性たちはエスに変わります。そして、私のことをビッチとか変態とかひどいことを言いながら、胸を乱暴に揉んだり、お尻を激しく叩いてくることもあります。正直、エムである自覚はありましたが、プレイそのものを味わったことはなかったので、最近おこなわれるSMプレイには戸惑いもありますが、痛いことをされるのもそこまで嫌ではないことに気づいてきて、それはそれで楽しめています。毎回相手が異なるので、調教というほどの行為ではないんですが、ベッドの上で私がエム女だと気づくと、急に興奮してタオルで手を縛ってきたり、パンティを口の中に突っ込んでみたりと、その場にあるアイテムを使って彼らはプチSMプレイをおこなってくるのです。

最初に下着を押し込まれたときはびっくりしましたが、それがさるぐつわの代わりなんだとすぐに理解し、やがては興奮に変わりました。また、たまには会う相手をサイトで見つけられず、以前に会った相手と再度会うこともありますが、そういうときには彼らは最初からSMプレイをやる気満々で来るので、ほかの人よりもやや激しいプレイをしてくることもあります。この前もSMグッズのあるホテルに連れ込んだ男性がいて、足を開いた状態でベッドに縛りつけられ、手も自由を奪われました。天井は鏡張りでしたから、私の姿が見えました。服を着たままの状態で縛られたのですが、彼の手によって少しずつ脱がされ、下着もずらされ、徐々に裸にされていく自分が恥ずかしくてたまりませんでした。でも、そんな行為も今の私は好きなんです。徐々に激しいプレイを求めている自分もいるので、そろそろSMファンが集まるようなサイトにも手を伸ばしてみようかと考えてもいます。

沖縄県の出会い情報はコチラ→

地域別体験談

北海道・東北地方

北関東地方

首都圏

甲信越地方

東海地方

関西地方

中国・四国地方

九州・沖縄地方